アヴィニョン

アヴィニョンの橋

アヴィニョンの橋で、踊ろう、踊ろう
アヴィニョンの橋で輪になって踊ろう

童謡にもなっているこのアヴィニョンの橋、実在します。ただし、17世紀以来壊れて修復されないまま、対岸に渡ることのできない橋として残っています。

正式な名前は、サン・ベネゼ橋。Pict0011

1177年、アヴィニョンの北、アルデッシュ地方のヴィヴァレの谷に住むベネゼという羊飼いの青年が、ローヌ川に橋を架けよというお告げを聞いたことから物語が始まります。

ベネゼはアヴィニョンにやってきて、人々にお告げの話をしますが、最初は誰にも相手にされません。それどころか狂人扱いされる始末。けれどもあまりに一生懸命に訴えるのである人がベネゼに言います。それほどに言うのなら、証拠を見せろ、神通力でもあるのなら信じようと。するとベネゼはそれまで何十人もの大男がかかっても動かせなかった大きな石を軽々と肩に担ぎ上げて、その石をローヌ川に投げ込みます。そして、その大石が、橋の礎となり、やがてベネゼの神通力のうわさを聞きつけた人々から寄付が続々と集まり橋が完成するのです。

ベネゼは橋の完成を待たずに亡くなります。そのベネゼのために橋の途中に礼拝堂が作られました。17世紀に礼拝堂から移されたベネゼの聖遺物を20世紀になり調べたところ、本当に20代の青年の骨だと鑑定されました。ベネゼが実在したかは定かではありませんが、このことから実在した人物であったのではないかと言われています。

橋は歩行者と騎馬通行者のための橋であったため、幅が4メートルしかありません。

歌にあるようにアヴィニョンの橋の上で踊ったのではなくて、橋の下で踊ったというのが本当のようです。

Pict0012_2 橋の上から見た法王宮殿とノートルダムデドン大聖堂。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アヴィニョン 世界遺産の町

アヴィニョンは、ガイドのお仕事を始めるにあたって、一番最初に研修した町です。それだけ、日本から来るツアーのお客様がたくさんいらっしゃる町でもあります。

14世紀の城壁に囲まれた旧市街には法王宮殿、町のすぐ前を流れるローヌ川にかかる通称アヴィニョンの橋、サン・ベネゼ橋があります。

プロヴァンスの一地方だったアヴィニョンに、14世紀に法王庁が移転してくるという一大事が起こります。以来、このアヴィニョンの町は、芸術と文化の中心地として栄えます。
法王宮殿は、1332年から1352年にかけて、二人の教皇によって建設されます。ヨーロッパでも最大のゴシック建造物で、延べ平方面積は1万5千平方メートルもある、広大な宮殿です。けれども、残念ながら宮殿は教皇がアヴィニョンに滞在した当時の華やかさを、すっかり失った形で現在に伝えられています。今では、その堂々とした宮殿の外観とわずかに残されたフレスコ画から当時を偲ぶことができるだけです。

旧市街には、町のあちこちに石畳の古い通りが交錯し、洗練されたおしゃれなお店がたくさんあります。
Pict0011_2 Pict0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)