« 朝焼けの古代劇場 | トップページ | ずいぶんと。。。。 »

アヴィニョンの橋

アヴィニョンの橋で、踊ろう、踊ろう
アヴィニョンの橋で輪になって踊ろう

童謡にもなっているこのアヴィニョンの橋、実在します。ただし、17世紀以来壊れて修復されないまま、対岸に渡ることのできない橋として残っています。

正式な名前は、サン・ベネゼ橋。Pict0011

1177年、アヴィニョンの北、アルデッシュ地方のヴィヴァレの谷に住むベネゼという羊飼いの青年が、ローヌ川に橋を架けよというお告げを聞いたことから物語が始まります。

ベネゼはアヴィニョンにやってきて、人々にお告げの話をしますが、最初は誰にも相手にされません。それどころか狂人扱いされる始末。けれどもあまりに一生懸命に訴えるのである人がベネゼに言います。それほどに言うのなら、証拠を見せろ、神通力でもあるのなら信じようと。するとベネゼはそれまで何十人もの大男がかかっても動かせなかった大きな石を軽々と肩に担ぎ上げて、その石をローヌ川に投げ込みます。そして、その大石が、橋の礎となり、やがてベネゼの神通力のうわさを聞きつけた人々から寄付が続々と集まり橋が完成するのです。

ベネゼは橋の完成を待たずに亡くなります。そのベネゼのために橋の途中に礼拝堂が作られました。17世紀に礼拝堂から移されたベネゼの聖遺物を20世紀になり調べたところ、本当に20代の青年の骨だと鑑定されました。ベネゼが実在したかは定かではありませんが、このことから実在した人物であったのではないかと言われています。

橋は歩行者と騎馬通行者のための橋であったため、幅が4メートルしかありません。

歌にあるようにアヴィニョンの橋の上で踊ったのではなくて、橋の下で踊ったというのが本当のようです。

Pict0012_2 橋の上から見た法王宮殿とノートルダムデドン大聖堂。

|

« 朝焼けの古代劇場 | トップページ | ずいぶんと。。。。 »

アヴィニョン」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私のblogの方へコメントをありがとうございました。
フランスのキルトコンテストの件、よろしければ
詳細をお願いします。
メールアドレスを入れておきますので
何かありましたら、メールをいただけたらうれしいです。
ぬぬさんの誕生日、私と1日違いですねっ!

投稿: C | 2007年11月22日 (木) 13時29分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2007年12月 7日 (金) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454902/8227426

この記事へのトラックバック一覧です: アヴィニョンの橋:

« 朝焼けの古代劇場 | トップページ | ずいぶんと。。。。 »